日本初 ジャイアントペーパーフラワーのアトリエ|PETAL Design | マシュー・ボーン「眠れる森の美女」ジャイアントローズフォトブース
ジャイアントペーパーフラワーアーティストMEGU が2015 年に立ち上げた日本初の専門アトリエ。見るものを凌駕させる作品を信条とし、生み出される花々は巨大にして繊細、華麗であり荘厳。圧倒的な存在感を放つ巨大な花で、数々の企業プロモーションやイベント、アート作品とのコラボレーションを行う。
PETAL Design,ペタルデザイン,ジャイアントペーパーフラワー,Giant paper flower,MEGU,紙のお花,大きな花
470
post-template-default,single,single-post,postid-470,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,qode-theme-ver-16.7,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
 

マシュー・ボーン「眠れる森の美女」
ジャイアントローズフォトブース

MEGUです。

毎年感じることですが夏が過ぎるのはあっという間、今年の残りは何か月?と考える時期になってしまいましたね。

8月もアトリエは絶好調に忙しく、出版関係やイベント、企業PRの製作に追われていました。いろいろと制作のご報告はあるのですが、まずは本日初日を迎えるマシュー・ボーン氏演出の「眠れる森の美女」のフォトブースから。

マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」

英国バレエ史上記録的大ヒット作品 いよいよこの秋来日!
鬼才、マシュー・ボーンが演出・振付を手掛けた『白鳥の湖』『くるみ割り人形』に続く、チャイコフスキー3大古典バレエ最後のピース、『眠れる森の美女』。

http://mbsb.jp/

これまでの「眠れる森の美女」とは一線を画す演出で全世界で好評を博している作品の世界観を崩さぬよう、シックで大ぶりなバラを配置。

アトリエにW2700という大きさのフォトブースの土台をまずは制作し、絵コンテを確認しながらジャイアントローズを仮止めしていきます。

シックなバラ、ということでブラック・ヴァーミリオン・ボルドーの3色展開。

アトリエの天井ギリギリまでお花を配置。

リアルさを追求するため、バラの茎や蔓、そして棘までしっかり作りこみます。

アトリエで仮止めした後は渋谷ヒカリエ11階、東急シアターオーブに搬入。

新しい商業施設だけあって搬入経路がしっかり確保されていていました。モノが大きいだけに搬入経路が迷路のような施設だとかなり大変なんです。。。

アトリエにて仮止めしたお花たちを手直し。形を整え美しさをよみがえらせます。

アトリエでは作りこめなかった細かい部分を作りこみ。様々な角度からチェックしていきます。

PETAL Design制作のフォトブースに「眠れる森の美女」のパネルをはめ込みます。

新たに撮影したプロフィール写真(この話はまた今度)に、これまた新たなプロフィール文を合わせたパネルを設置。

素敵な舞台の一員に加われたことをとっても嬉しく思います。

ジャイアントペーパーフラワーは一輪一輪すべてアトリエで手作り。紙を切り抜きパターンを作り組み立てていく。皆さんが想像するより地味な作業も多く時間もかかります。

9月14日~25日、東急シアターオーブ入場口を入って正面すぐのところにフォトブースは設置してあります。

ご来場の皆様、ぜひこのフォトブースの前で写真を撮影してくださいね!

以上、マシュー・ボーン「眠れる森の美女」ジャイアントローズフォトブースでした。

追記

初日舞台にご招待いただき「眠れる森の美女」観劇してきました。カンパニーメンバーの表現力、音響、舞台装置、そしてマシューボーン氏の演出に最初から最後まで鳥肌ものでした。

開場時間になり外は闇の世界、ライティングされたフォトブースは妖艶な色合いを見せていました。

まわりをぐるりと取り囲むほどの人だかり。そして・・・!

ご来場していた蜷川実花さんもフォトブースの前でお写真撮影してくれていました!嬉しいサプライズ!



Follow us on Instagram